スキャンとocrの資料の文字データ化で、省スペース化を

スキャンとocrのデータなら、資料の省スペース化が可能です。

企業での利用

企業のオフィスで問題になるのが、書類の保管場所です。
大企業では、よく受発注関連の書類は保管期限があるので、その膨大な書類をレンタルスペースで保管していると耳にします。
書類がいかに、企業のスペースを奪っているのか分かる事例です。

書類の保管スペースを節約するには、スキャンとocrがオススメです。
スキャンは文字通り、複合機に搭載されているスキャナーなどを用いて、書類を画像データに変換することです。
大体、PDF保存になっているのですが、その画像データから文字データを取り込むのが、ocrというソフトになります。

このocrというソフトは、正式には光学文字認識という言葉になります。
光学文字認識というように、画像データから取り込みが可能な文字を拾ってきて、それを編集可能な文字データにするという優れものです。

企業の省スペース化のためには、スキャンとocrを使うことで実現できます。
人によっては、スキャンだけして、PDFによる保管でいいじゃないかという人もいそうです。
しかしながら、画像データは総じて重くなりがちです。また、解像度を落としてデータを軽くすると、同時に判読が難しくなります。
したがって、省スペース化といえども、文字データへの変換が望ましいのです。省スペース化を推し進めるが故に、企業内のサーバーに負荷がかかるような施策は本末転倒です。
省スペース化のためには、スキャンとocrを活用していきましょう。

remark

スキャンやocrならこちらにおまかせください|D.I.M.S.